肝臓は沈黙の臓器

肝臓のことを説明する女子

あなたはどうして、肝臓が「沈黙の臓器」と呼ばれているのかご存知ですか?

 

実は肝臓という臓器は、人間の臓器の中でも非常に粘り強い部位として有名です。
基本的にアルコールなど、身体に害のあるものを無毒なものへと変える役割を担っていますが、
とにかくこの作業を一生懸命やってしまう傾向があると言われています。

 

つまり、どんなにダメージを受けても、負担がかかっても、
ちょっとやそっとじゃ悲鳴を上げることはないのです。

 

それもそのはず。肝臓にはなんと、痛みを感じるための神経が通っていません。
つまり、何かあっても痛みを感じない部位であるため、
知らないうちにどんどん状態が悪化してしまう可能性が高い部分と言えるのです。

 

そんな臓器だからこそ、私たちはついつい肝臓に無理をさせてしまいがちです。
もし、そのまま肝臓のことを考えずに無理をさせ続けてしまったら、どうなるでしょうか?

 

肝臓はひとりでどんどん負担を背負い、
最終的には耐え切れずに重篤な病気を発症してしまうことになるでしょう。
そうなる前に、出来る限り肝臓を労ってあげるようにしていかなければなりません。

 

肝臓とはどんな活躍をしているのか、限界が来るとどうなるのか、肝機能改善の方法…などなど。
肝臓についての知識をしっかり身につけておけば、いざという時に早めの対処が出来るはずです。

 

ここで様々な知識を身につけて、早速今日から肝臓を労わる生活を心掛けてみてはいかがでしょうか?
そうすることで、きっとたくさんの病気を防いでいくことができるはずですよ!